自家歯牙移植(transplantation of tooth)に関して (ブリッジ、インプラントを選択する前に考えること)

2019年05月02日

日本の保険診療の項目の中に、

自家歯牙移植  ;    transplantation  of  tooth

という治療の選択肢があることを、皆さまご存知でしょうか?

日々患者の皆様とお話をしていますと、おおよそ9割以上の方がご存知ないことに気づきます。

ご自身の歯が虫歯や歯周病で無くなってしまった時の治療の選択肢としては

 

⚫︎保険診療では

①ブリッジ(いわゆるさし歯、かぶせ物、前後の歯を大きく削る)

②部分入れ歯(取り外し式のもの、前後の歯に金具がかかる)

③そのまま経過観察(最後方の歯が失われた場合、食事に支障がなければそのまま経過を見ることもできます)

⚫︎自由診療では

インプラント(他の歯を削らない、負担をかけないという点では最良の治療法。ただしご自分の骨があり、全身疾患などがない場合に限る)

 

が一般的に考えられるかと思います。

自家歯牙移植は、数年前までは「下顎の親知らずを下顎の第一大臼歯に移植した場合に限る」などの規制があったのですが、

少し前の保険のルール改定から

上顎の親知らず(智歯)を下に植え替える

事も認められる事となりました。

 

これにより適応症は格段に広がりましたし、患者の皆様にとって非常に有益な治療法となる、と私は考えます。

 

ただし、自家歯牙移植を行うにあたって、

 

年齢が概ね39歳以下であること(それ以上の方でも可能ですが成功率は年々下がるという報告があります)

糖尿病、代謝性疾患、免疫機能疾患などの全身疾患がないこと

喫煙者でないこと

「外科的処置を伴うこと」「治療期間が3ヶ月程度はかかること」等、治療方法、治療期間に対してご理解頂けること

などの諸条件がありますが、

 

周りの歯に負担をかけない

歯根膜という感覚受容器が残る(自分の歯で噛む感覚が残る、機能的である)

自身の組織、細胞を用いる為拒絶反応がない(生物学的優位性)

他の治療法と比較して、廉価である(約10000円程度の自己負担、保険3割で計算した場合)

 

などのメリットがあります。

 

また、

早期の脱落(骨の状態が良くなかった場合には炎症を起こしてくっつかないことがあります)

歯根の吸収、アンキローシス(歯根膜がなくなり骨と歯根がくっついてしまう状態)

などの失敗例も報告されていますが、成功した場合のメリットは非常に大きいものと考えます。

 

当院では、自家歯牙移植を治療の選択肢として推奨しておりますので、ご興味のあられる方はお気軽にお問い合わせ下さい。

当院における自費診療の保証期間に関して。(ガイドデント保証システム)

2019年04月27日

当院では以前より自費診療に関して保証期間を設けておりましたが、

この度、保証会社であるガイドデントと提携しました。

セラミックス治療は5年

インプラント治療は10年

を保証期間とします。

口腔内の大きな変化により再治療が必要になった場合を保証するのはもちろんですが、

転居により転院することになった場合、全国のガイドデント認定歯科医院であれば

継続して保証が可能です。

 

https://www.guidedent.net/

 

 

ゴールデンウィーク期間中の診療日に関して

2019年04月24日

当院のゴールデンウィーク期間中の診療時間ですが、

 

4月27日土曜日 9時30分ー13時00分/14時00分ー17時30分

4月28日日曜日 9時30分〜14時00分

4月29日月曜日 休診

4月30日火曜日 9時30分ー13時00分/14時00分ー18時00分

5月1日水曜日  9時30分ー13時00分/14時00分ー18時00分

5月2日木曜日 9時30分ー13時00分/14時00分ー18時00分

5月3日 金曜日〜5月6日 月曜日  休診

 

以上のようになっております。

連休中にお痛みが出た方、お気軽に当院までご連絡ください。

 

新しい矯正治療の方法;マウスピース矯正(AsoAlinerシステムを用いた矯正)に関して

2019年04月11日

当院では矯正歯科専門医と協力し、成人および小児の歯列矯正を行なっております。

特に小児期(学童期)から歯列矯正を行うことは、見た目の改善はもちろん、むし歯や歯周病の予防につながり、噛み合わせを健全にすることができます。

それによって発音や咀嚼、消化を助け、心身の健康な発達につながることを、治療を通じ私は実感しております。

その患者様(その子)の人生に貢献できる』というと大げさですが、その後の生涯にわたり、むし歯や歯周病を予防できることは全身疾患を予防することにも繋がると思います。

具体的には、健全な噛み合わせにより、食物をしっかりと噛むことができ、食物の消化や栄養素の吸収を助け、ひいては糖尿病や高血圧、心筋梗塞等の発症を予防することができると考えられます。(生涯の医療費を節約できるとも言えます)

 

当院の治療方法としては、以下の従来からの方法:

●マルチブラケット装置(いわゆるワイヤーを歯に貼り付けるタイプ)

●可撤式(取り外し式)床拡大装置(シュワルツの装置)

●顎内 固定装置(急速拡大装置、 リンガルアーチ)

●顎外装置(上顎前方牽引装置、ヘッドギア)

●インプラント アンカー(temporary anchor device=anchor screw)

を用いてきましたが、この度

マウスピース矯正(アソアライナー矯正)という新しいシステムを導入いたしました。

 

もちろん適応症は限られます。

「反対の噛み合わせを治す」「歯を大幅に動かす」などの矯正治療は従来からのワイヤーを用いた

矯正治療の方が適していると言えますが、

抜歯を伴わない、軽度のガタガタの歯並びの場合

前歯の一本だけが斜めになっている場合

矯正治療の最終段階で、ワイヤーを外して調整する場合

などのケースに適していると考えます。

これらに該当される方で矯正の相談を希望される方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

◯アソアライナーによる矯正治療については、以下のホームページを参照にしてください。

https://www.aso-inter.co.jp/products/dol/aligner.html

 

 

5−DJapan10周年記念大会(世界の潮流と5-D Japan コンセンサス)に参加しました。

2019年03月26日

3月16日、17日は診療所を二日間、休診とさせて頂き、東京都港区の東京ミッドタウンで行われました学術講演会に参加して参りました。

5-D Japan は日本におけるトップランナーの先生方により10年前に発足したスタディーグループであり、

今回は海外から臨床/研究における第一人者をお招きし、講演およびdiscussionを行うという内容で、まさしく現在の歯科治療の最高レベルの内容でした。

 

講演の内容は以下の5つのセッションで構成され、日本人の講師の先生、海外からの講師の先生の順に講演を行い最後に症例に関して検討する、という内容でした。

●3月16日土曜日

①Partial extraction therapy and Horizontal GBR for Immediate Implant placement into Extraction socket(船登彰芳先生)

単独歯インプラント治療:前歯領域での長期審美的結果を獲得するための、非侵襲的アプローチ(Dr.Francesco Amato)

②Vital Pulp therapy の意義と重要性 /  Importance of pulpal diagnosis for treating endo-perio lesions(福西一浩先生)

病理組織に学ぶ歯髄と根尖周囲組織の治癒(Dr.Domenico Riccuci)

③骨縁上欠損改善の臨床的アプローチ/Clinical approaches for suprabony defects(北島 一先生)

骨縁下欠損および根分岐部病変に対する歯周組織再生療法:歯周病罹患歯の予後を変えるための方策(Dr.Pierpaolo Cortellini)

 

●3月17日日曜日

④審美エリアにおける三次元的な硬軟組織マネージメント(石川知弘先生)

増大つまり審美ゾーンの組織欠損を伴う抜歯部位において、軟組織、硬組織を長期にわたり維持するための解決策(Dr.Ueli Grunder)

⑤補綴治療計画のキーポイント(南昌宏先生)

THE THIRD CHOICE in case of tooth wear(Dr.Francesca Vailati)

 

世界最先端の臨床の知見、技術が目白押しで非常に興味深く、高いレベルの内容でしたが、その中でも自身の臨床に応用できる内容もありました。

抜歯した歯牙の破片(歯根膜)を利用しての歯槽骨の保存、再生(骨造成)、

MTAセメント、水酸化カルシウム製剤を用いての歯髄の保存(歯髄覆とう処置)

インプラントを固定源としての部分矯正(圧下)を行い、歯周病(歯周ポケット)を改善し得た一例

などです。

最新の技術知識は、確かに高度でありますが、そういった最新の考え方に対し常にアンテナを張ることは非常に重要なことと私は考えます。

数年前であれば日常の臨床に応用できなかったことでも研鑽努力することにより徐々に実施することができる、それを患者の皆様の利益につなげる、健康に寄与する

このことは歯科医療に携わる者の責務だと思います。

今後とも努力、研鑽しなければならないと決意を新たにした、有意義な二日間でした。

 

臨床解剖実習セミナー「インプラントの外科手術」に参加しました。

2019年02月18日

さる1月19日午後と20日は休診させて頂き、岡山市内において、研修会に参加して参りました。

 

厚生労働省 実践的な手術手技向上研修事業

岡山大学人体構成学教室主催 臨床解剖実習セミナー

「第7回インプラントの外科手術」

という研修で、

解剖実習を通じて実際の手術に即した外科手技を大学の先生方にご教授、ご指導頂く、

という内容のものでした。

 

 

1月19日午後は

岡山大学インプラント再生補綴学  窪木拓男教授による

口腔インプラント関連外科手術の基本的手技と留意事項」と題した講義が行われた後、

インプラント科講師による

適切なインプラント体埋入のためのデジタルシュミレーション」に関する講義

が行われました。

その後に、実際のCTデータを用いてコンピューターソフト上で手術のシュミレーションを行い、治療計画に関してディスカッションをおこないました。

 

 

1月20日は

解剖学講座教授による、頭頸部の解剖に関する講義の後、

実際のインプラント埋入手術を想定した解剖実習を行いました。

学生時代の解剖学実習とは違い、より実際の診療に即したものであり、指導教官の方々からも、ご自身の経験からレクチャーして頂けるため、非常に勉強になりました。

 

 

そして、講義の冒頭でも医学部の教授が述べておられましたが、

献体された方は「医学教育の発展に役立て欲しい」という想いから大学病院に献体をなさっておられます。

医療に携わる者はこの想いに応える義務がありますし

『自身の得た知識、技術を診療に生かし、社会貢献する』

ことが大切である、改めてそう感じました。

新年明けましておめでとうございます。

2019年01月03日

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は多くの患者様にお越し頂き誠に有難うございます。

また、患者の皆様より当院へのお中元、お歳暮等、一方ならぬご高配を賜りましたこと、

この場をお借りし、厚く御礼申し上げます。

 

 

年が明けて平成最後の年、平成31年がスタートしました。

今年の春には元号が変わり、まさしく「新しい時代の幕開け」そんな年になることと思います。

 

歯科医療の分野においても、昨今は技術革新が進み、

CTシュミレーションによるインプラント治療

デジタル化、CADCAMによる補綴治療

歯周組織、歯槽骨の再生療法

などの分野が著しい進歩を遂げております。またこれらの技術が日常の診療においても施術可能な時代となってきております。

 

ただ、一方で歯科医療、治療の基本は不変だと私は考えます。

 

①腫れや痛みなどの不快症状を止め、かつ再発しない

②しっかりと噛める、食事ができる

③健康で綺麗なお口の状態を長く維持する

 

おおよそ、この3つに集約されるのではないかと私は考えます。

 

これら基本の考え方を、忠実に患者の皆様に提供できれば、お口の健康のみならず全身の健康、

ひいては健康寿命にも貢献できると確信しております。

 

今一度この三つの基本を日々振り返り、社会貢献の精神の下、努力して参る所存でございます。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

写真は郷里:愛媛県新居浜市 一宮神社の境内(平成31年1月2日撮影)

当院におけるインプラント治療の治療方針 〜インプラント治療を安全、確実に行うために〜

2018年12月10日

当院ではインプラント治療を行なっておりますが、以下のことに関して重点を置いております。

 

❶安全性(safety)→全身の健康状態の確認とCTを用いた顎骨の診断(幅、高さ、骨質など)、術前のシュミレーションを十分に行うこと。
❷確実性(reliability)→サージカルステント、ガイディッドサージェリーシステム(アイキャット社)用いて、適切な位置に、安全で確実なインプラントの埋入を行うこと。
❸安定性、永続性(stability,longevity)→インプラントが骨と結合し、上部構造(土台と被せ物)が装着された後も、歯肉や骨などの周囲組織が安定すること。
その為には定期的なメンテナンスを行う。定期的にレントゲン撮影やインプラント周囲の歯周ポケットのチェックを行い、症状があれば速やかに対処する。
         
昨今のメディア(テレビ、インターネット等)の情報の氾濫により、
インプラントはすぐにできて、すぐ噛める」
「審美的に仕上げることができ、永久にもつ」
「壊れてもすぐに治すことことができる」
など、患者側にとって都合の良い情報のみが流れているように思われます。
もちろん条件を満たせば即時修復が可能なケースもありますし、これらの全てが間違いではないと考えますが、当院では
●健康状態のチェック(高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、喫煙習慣の有無など)
●インプラント治療のメリットとデメリット→他の治療法と比べてどうか
●術後のトラブルが起こった場合どうするか
に関して患者の皆様に十分に説明し、治療法を共に考え、同意書を記入してもらった上で治療をスタートするようにしております。
術後のトラブル(昨今問題になってきているインプラント周囲炎など)が起こらないこと、これを最重要課題と当院では考えております。
従って、術前の確実な診査診断、術中の安全な手術、術後のメンテナンスは必須と考えます。
また当院では、インプラント周囲炎を起こしにくいインプラントメーカーを選択しております。    (カイマンデンタル社 BioHorizons implant /Laser-Lok構造/テッシュレベルインプラント、ボーンレベルインプラント)
以上のコンセプトのもと
欠損の拡大を防ぎ、咀嚼能力の回復に貢献できるインプラント治療
お口の健康、ひいては全身の健康に貢献できるインプラント治療
を目指していきたいと考えます。

 

当院のスタッフがインプラントのセミナーに参加しました。

2018年12月06日
去る11月23日(祝)に当院のスタッフがインプラント治療のアシスタントに関するセミナーに参加して参りました。以下はスタッフの感想文です。
この度私は、
大阪市開業、大森有樹先生主宰の大森塾
『インプラント治療のチームアプローチコース』
に参加させていただきました。
私は長年、歯科助手の仕事に携わって来ましたが、その中でインプラントのアシスタントも数多く経験させていただきました。
その中で私なりに、いろいろな知識を得、研修してきましたが、
今回のセミナーに参加し、今まで以上にいろいろな事を学ぶことができました。
セミナーの内容は
・インプラントとは
・インプラントの用語
・ペリオ(歯周病)の基礎知識
・コンサルテーション(患者様への説明)
といったものでした。
また、インプラント治療における注意事項に関しても講義があり、
・オペのアシスタント時の注意
・オペ前の準備
・オペ後の器具の洗浄、消毒の考え方
・メンテナンスについて
  等について話がありました。
インプラントに関連する細かな知識を、解りやすく説明していただき、よく理解できましたし、感謝してます。
このセミナーで学んだ事をこれからも活かして一般治療・インプラントにスタッフ一丸となって頑張って行きたいと思います。
当院では、一般診療に加え、インプラント治療も行なっています。
 それは歯科医一人だけの力(テクニカルな面)だけでは達成できないと考えます。
アシスタントによる術前の説明や、治療の疑問にお答えすることはもとより、
術前の器具の準備、コミュニケーション、術中のアシスタント、
歯科衛生士による術後のメンテナンス、プロフェッショナルケア、
そしてインプラント治療に精通した歯科技工士による正確な被せ物(インプラントの場合は、上部構造と言います)も必要です。
まさに今回のセミナーのテーマである、
歯科医院全体によるチームアプローチ、
が求められると思います。
当院では上記のようにスタッフにもインプラント治療に対する理解を深めてもらうため、日々の教育、セミナーへの参加、学習を行なっております。
今後も、一般歯科診療はもちろんですが、インプラント治療においても地域の皆様のお役に立てるよう日々努力していきたいと考えます。

インプラント(歯周外科処置)の研修会に参加しました。

2018年12月02日

去る7月7日、8日に

大阪市で開業しておられる、大森有樹先生の主催する研究会

ADPR(Academy of Dental Practice and Reserch) の研修会に参加してまいりました。

インプラントにおける軟組織のマネージメントコース」

と題した講義および実習でした。

 

内容としては、

インプラントを埋入した後の、歯ぐきを健康に保ちかつお手入れがしやすい

状態にするための外科処置(歯周外科処置、インプラント2次オペ)

に関するものでした。

 

具体的には(専門用語になりますが)

●歯肉弁根尖側移動術

●遊離歯肉移植術

●軟組織増大術

●エンベロープ法(パウチ法)

●Uシェイプ法(ロールテクニック)

●インターポジショナルグラフト

 

上記の術式に関する講義があり、その後に豚の骨を用いて実習をし、指導を受ける、いったものでした。

 

「歯を失った部分は、かつて歯が存在した時と同じ状態ではない」ことが多いと言えます。

骨が痩せている、歯ぐき(角化歯肉)の幅が狭い、という状態です。

この状態のままインプラントを行なったとしても、骨や歯ぐきの状態が不十分であり、インプラントの周りの歯ぐきが炎症を起こし、最悪の場合 歯槽骨の吸収、インプラント体の脱落を引き起こす可能性があります。(インプラント周囲粘膜炎、インプラント周囲炎)

 

このインプラント周囲粘膜炎、インプラント周囲炎の予防の為には

①インプラントの周りの骨の高さ、幅を増やす →骨造成術

②健康な歯ぐきをインプラントの周りに増やす→歯周外科処置(インプラント2次オペ)

ことが必須と言えます。

 

今回の講義実習は②に関するものでありましたが、

インプラント治療を成功させる為に必要な考え、技術を学ぶことができたと考えております。

 

インターネットなどの情報の氾濫により、

『インプラントは一生もつ』『すぐ出来る、すぐ噛める』

といった偏った情報が国民の皆様に誤って伝わっているように感じます。

 

当院ではインプラント治療を行っておりますが、術前の診査診断はもとより、術後の安定、永続性を第一と考えております。

そのためにはCTを用いたシュミレーションを行い(多数本埋入の時はサージカルガイドを用います)、

①骨造成術、②歯周外科処置(2次オペ)を行なった上で、十分に期間をかけて、

被せ物(インプラント上部の構造)の装着行うべきだと考えます。

 

●インプラントを入れた後も骨と歯ぐきを健康に保つ

●咀嚼機能の回復により全身の健康に寄与する

上記2つを念頭に置き、インプラント治療に臨み、地域の皆様の健康に貢献できればと思います。