2020年、新年明けましておめでとうございます。

2020年01月15日

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、患者の皆さまをはじめ、先生方、各方面の企業様、業者様に多大なるご支援、御協力を頂きましたこと、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

年が明けて令和二年を迎え、当院は開業して三年目の年になります。まだまだ若い医院、組織ではありますが、「一所懸命」の精神で今年も頑張っていきたいと思います。

 

さて、新年を迎え、今年の当院の目標(行動指針)ですが、

歯科治療を通じ地域の皆様に貢献することはもちろんですが、

特に以下の三点に重点をおき、努力していく所存です。

 

ミニマルインターベーション(MI)の実践

これは、2002年の国際歯科連盟の

Minimal Intervention in the Management of Dental Caries

で提唱された治療方針Policy、であり、虫歯の治療、予防管理における考え方です。

簡単に言うと、

過剰な治療(over treatment)をせず最小限の介入で最大限の効果を上げ、患者の皆様の生活の質;QOL(Quality of Life) を向上すること

これは、当院の診療の基本的なコンセプトです。

これは虫歯治療に限ったことではなく、歯科治療のあらゆる分野で応用できる考え方と私は考えます。

 

①虫歯治療において

●直接歯髄覆罩処置;direct pulp capping

無理に削って神経を取るのではなく、齲蝕の進行を抑える薬を塗ってセメントで蓋をし、一定期間経ってから再度充填処置を行う

●ダイレクトボンディング;

小さな虫歯であれば、いわゆる銀歯や被せ物をするのではなく、コンポジットレジンという材料を用いて歯を極力削らずに治すことができる

 

②歯周病治療において

歯石を取るなどの基本的な歯周初期治療を行い、自身の持つ自然治癒力を引き出す。むやみに抜かず、歯周外科処置、歯根端切除術、意図的再植などの方法で保存を試みる。

抜歯適用と考えられるような歯でも、再生治療剤(リグロス®︎)、骨補填剤などを用いて極力保存に努める。

 

③義歯、ブリッジなどの補綴治療において

従来の歯の周りを全て削るタイプのブリッジではなく、極力削らない、接着ブリッジを応用する

金属床、ノンクラスプデンチャー(金属を用いない審美的な入れ歯)が壊れてしまった、又は歯が抜けて不安定になった場合、一から作り直すのではなく、現在お使いの義歯を修理(金属をレーザーにて切断、溶接できる設備、技術のある技工所と提携)してそのまま使用できるよう調整する

 

④インプラント治療において

インプラントは必ずしも第一選択ではない場合もある。極力自身の歯を残すこと、欠損の拡大を食い止めることが目標であり、咀嚼機能の回復を第一に考え、歯牙移植ができる場合は移植と併用した治療プランを検討する。

上顎骨の幅が薄い場合にソケットリフト、サイナスリフトを行うのではなく可能であればショートインプラントなどを選択し、侵襲の少ない治療法、治療コストのかからない方法を検討する

上記のように、なるべく患者様のお体に負担にならない治療方針、かつ経済的背景をも考慮したプランを考えることが、地域医療において大切と考えております。

 

基本的な歯周初期治療、メンテナンスの確立そして歯周組織再生療法へ

①でも述べましたが、当院では歯周病治療においては保険診療(歯周初期治療)のルールに則り、極力歯を残すように努力しております。

一見、保存の難しい歯であっても、他の歯と被せ物などで連結し、揺れを止め、確り噛めるようにする、『歯周補綴』という考え方のもと治療を行っております。

そして治療が終われば、定期的なメンテナンス(SPT;サポーティブ ペリオドンタル セラピー、クリーニング)に移行し、お口に健康を維持できるようにします。

また、2016年に初めて保険に収載された、「リグロス®️」というお薬ですが、当院ではこのお薬を去年から積極的に治療に応用しております。

赤く腫れ上がり、動いていた歯が、この新薬を使うことで揺れが収まってきた事例もありますし、歯がグラグラで余り噛めない、といった症状をお持ちの方が、『歯が確りして硬いものでも噛めるようになった』とのお声をいただいております。

20年近く歯科医療に携わって参りましたが、まさにこれは医薬品の革新innovationと言えるのではないか?とすら感じております。
最終的な評価は、長期経過を追わねばなりませんが、今後もこの薬剤を積極的に使用し、皆様のお口の健康に繋げていければと考えております。

 

③訪問診療により地域の医療、福祉に貢献する

当院にお越しいただいている患者様の中にも、歩行の困難な方、通院に介助が必要な方がいらっしゃいます。

当院では訪問診療の要請があれば、今後対応できるよう環境整備を進めております。

もし通院困難な方がおられましたら、お気軽にご相談下さい。

 

現在のところ、下記の地区において訪問診療が可能です。

池田町、松原町、西福町、津田町、中殿町、中須佐町、中前田町、森下町、神明町、神祇官町、櫨塚町、津門稲荷町、津門西口町、津門仁辺町、津門大塚町、津門大箇町、染殿町

 

 

以上長文になりましたが、上記の三点を今年の目標に、頑張っていきたいと考えております。

皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。

写真は元旦の広島市内の夜明けの様子

世界遺産 厳島神社

年末年始の診療日について

2019年12月28日

当院は12月30日(月)〜1月3日(金)をお休みとさせていただきます。

年始は4日土曜日からの診療になりますので、よろしくお願いいたします。

 

あんしん外来(笑気ガス麻酔を用いた診療)に関して

2019年12月25日

当院ではこの度、

笑気ガス麻酔装置を導入致しました。(健康保険適応)

 

笑気ガスとは、歯科医院で使用できる簡単な吸入鎮静法{Nitrous oxide inhalation sedation(IS)}であり、以下の特徴があります。

①弱い鎮静、催眠作用と鎮痛作用

②鎮静効果の発現と消失が極めて速やか

③呼吸器や循環器にほとんど影響がない

④肝臓に負担をかけない

 

笑気は鎮静作用に加えて鎮痛作用を持っており、使用することによりリラックスと共に痛みを感じにくくなります。

 

特に

歯科治療に強い恐怖心のある方

小さなお子様

脳貧血の既往がある方

嘔吐反射のある方

高血圧等、循環器疾患の持病をお持ちの方

親知らずの抜歯などの外科処置を行う予定の方

 

に対して非常に効果的であり、リラックスして診療を受けることができます。

 

 

但し

中耳炎で治療中の方

2ヶ月以内に網膜剥離などの眼科手術を受けた方

妊娠初期の方

過呼吸発作の既往がある方

鼻閉がある方

以上の方は笑気ガスは使用出来ません。

 

当院では、歯科医院に苦手意識のある方、や高血圧の方、恐怖心の強いお子様も安心して治療を受けて頂ける環境を整えておりますので、ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

笑気ガス麻酔装置   サイコリッチ(セデント社)

消費税率改定に伴う自費診療価格の変更に関して

2019年09月09日

令和元年10月より、消費税率が10%に改定されるに伴い、当院の自費診療価格も税率10%とさせて頂きます。

原材料価格の高騰により、インプラント、矯正、セラミックス治療の一部に関しては、「税抜価格自体」を上げさせて頂くものもあります。

 

患者の皆様におかれましては、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

当院は開業2周年を迎えました。歯科医院の果たす社会的役割とは

2019年08月31日

おかげさまで当院は8月21日で開業2周年を迎えました。

これもひとえに地域の患者の皆様のご理解、ご協力、そして関係者の皆様のご協力のお陰と感謝しております。

また、患者の皆様や関係各社より、お中元、お歳暮、その他のお届け物を賜りましたこと、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

 

3年目を迎えるにあたり、これまでの理念をもとに地域医療に邁進することは当然でありますが、

今一度、

「歯科医院が地域社会において果たすべき役割」

について考えてみようと思います。

私は松下幸之助氏の考え方が非常に好きで、これまでいくつかの著書を読み、自身の行動の指針としてきました。

企業の果たす社会的責任について、松下幸之助氏は自身の著書の中で次のように述べています。

 

1、企業本来の事業を通じて、社会生活の向上、人々の幸せに貢献していくこと

2、その事業活動から適正な利益を生み出し、それをいろいろな形で国家社会に還元していくこと

3、そうした企業の活動の過程が、社会と調和したものでなくてはならないこと

 

これを歯科医院に置き換えて考えますと、

⒈歯科治療を通じ、一人一人の患者様の悩み、不快症状をいち早く取り除き、その人の社会生活にプラスになる治療を行うこと

⒉上がった収益により、最新の機材、材料、薬剤、エビデンスに基づいた治療法をいち早く導入し、患者の皆様に提供すること。また、一歯科医院では治療が難しいと考えられる疾患においては、速やかに高次の医療機関、専門医等と連携を取り、問題を解決するよう全力を尽くすこと

⒊日々の医院の活動(歯科治療)が社会から見て正当であること(医学的に正当であること、エビデンスに基づいていること)

ということになると思います。

 

これらのことを実践出来ているか常に自身に問い、

今日の診療、自分の行いは世のためになったか?

地域社会への貢献に繋がっているか?

そうでなければどうすれば良いのか?

常に考え続けたいと思います。

これらにプラスして、

熱意』

『誠意』

『思いやり』

をもって患者の皆様に医療サービスを提供していきたいと考えます。

今後とも当院をよろしくお願い申し上げます。

 

画家;永田登志子先生の作品『夢想』

アトリエ風花

http://www.atelier-fuuka.com/

当院のお盆休みに関して

2019年08月05日

本年のしのはら歯科医院のお盆休みですが、

8月10日土曜日

8月11日日曜日

8月12日月曜日

の三日間をお休みとさせていただきます。

お盆期間中は通常通り診療しておりますので、症状のある方、ご遠慮なくご連絡下さい。

GunnerHeden 先生特別講演会 〜歯周組織再生療法アップデート〜に参加してきました。

2019年08月03日

少し前になりますが、4月7日に大阪市内にて

Dr.Gunner Heden特別講演会

歯周組織再生療法アップデート

と題された、歯周組織再生治療に関する講義を受講して参りました。

この講演会は

大阪市開業  大月基弘先生( イエテボリ大学大学院専門医課程卒業  ヨーロッパ歯周病専門医/インプラント専門医)

が主宰しておられる、『スカンジナビアンデンティストリー』というスタディーグループの活動の一環として開催されました。

 

 

午前中に基調講演として、

鹿児島大学歯周病科 白方良典 准教授による

『歯周組織再生療法を再考する』

ーCritical issues in periodontal regenerative therapyー

と題された講演が行われました。

講義内容としては

歯周基本治療(原因除去療法)や外科治療(主に切除療法)などの、従来の歯周治療および、その治癒形態、その後の合併症に関して

これまでに歯周組織再生に用いられてきた、生体材料(メンブレン、骨移植材)や生理活性物質(成長因子、エナメルマトリックスデリバティブ)に関して→再生療法において骨補填材に求められる生物学的な要件とは?(=足場;scaffoldであること、生理活性物質を除放すること)

骨内欠損における歯周組織再生療法のdecision tree(意思決定の流れ)と治療戦略

2016年から保険収載された、世界初のサイトカイン療法=リグロス(主成分;塩基性線維芽細胞増殖因子)に関して

リグロスとエムドゲインの再生治癒像の違いに関して

●リグロスは血管新生の能力が高く、既存の骨、欠損部の骨から再生が起こる。インプラント治療時の骨欠損、裂開に対して有効

●エムドゲインは歯根膜からシャーピー線維を伴った緩徐な組織再生が起こる。根面被覆に有効

等でした。また、

再生療法は外科処置であることから創傷治癒は、

⑴歯肉弁/歯槽骨の有血管性創面とセメント質側の無血管性創面とを結ぶ治癒

⑵口腔内細菌の汚染から隔離できない、つまり創傷の完全閉鎖が認められない

という特異性からその治療結果が必ずしも高いとは言えない

とも話しておられました。

 

午後からは、

スウェーデン イエテボリ大学の歯周病/根管治療専門医    Dr.Gunner Heden による

歯周組織再生治療の臨床、研究についての講義がありました。

歯周組織の解剖や、歯根膜(歯周靭帯)の発生に関しての話があり、ご自身が長年研究されてきた歯周組織再生治療薬(エムドゲイン)を用いた治療についてプレゼンしておられました。

 

具体的な内容としては、

①生体免疫反応と歯周病菌の間にある関係に注目した疾病病因論について

→インフェクションコントロールを行い、ディスバイオーシスDysbiosis (菌叢の不均衡)状態を生体の恒常性Homeostasis が保てる状態にすると歯周組織の治癒が起こる

②正しい治療のプランニングと適切なサポーティブペリオドンタルセラピー(SPT)の重要性について

→歯周病患者さんをリコールシステムにおいて十分管理することで歯周病の発症はコントロールできる

③エムドゲインに関する長い臨床経験と長期症例(最長28年)についてのpresentation

→エナメルマトリックスデリバティブが細胞と歯周組織に与える影響

→歯周組織再生療法においても適切なSPT programは良好な長期予後を支えている

 

などでした。

 

 

上記の講義を受講して考えたことは

歯周病治療においては基礎医学的な事柄が非常に大切であり、再生療法を行うには歯科医と患者さんの信頼関係が必要条件である

そして歯周病の治癒(治癒、というよりもコントロールする、進行をslow-downさせる、と言った方が適切かもしれません)という共通のゴールに向かって歯科医と患者さんがともに頑張っていく姿勢が大切

ということです。

講演中に大月先生が仰っておられましたが、

どのような治療方針を考えたとしても、最後は患者様の意思を尊重することが大切。

そのために我々は歯周病治療、歯内療法等あらゆる方法を駆使し、少しでも残せる可能性のある歯はなんとしても残す努力をするべきである

この言葉が何よりも心に残りました。

 

卓越した先生方の講義、最新の知見、臨床に学び、それを自身の治療にアップデートし、明日からの臨床を頑張っていきたい、そう感じました。

 

ダイレクトボンディング(保険適用外レジンを用いた前歯の審美修復)に関して

2019年06月29日

日々診療していますと、

『虫歯やケガ等で前歯が少し欠けてしまった』

『前歯がすきっ歯になっている』

『歯が変色している』

『以前詰めたものが欠けてきている』

といった審美的な悩みを相談されることがあります。

 

これらの症状を治療する方法として、従来から

前歯の前面だけを削るラミネートベニア

歯の周りを削って覆うオールセラミックス

といったいわゆる審美修復、補綴がよく用いられてきました。

審美的で強度に優れた治療方法でありますが、その一方で

健康な歯を削るために知覚過敏になる

長期的に見て虫歯になりやすい

といったデメリットもありました。

 

最近の歯科材料の進歩により、これらに変わる治療法として、

コンポジットレジンによる接着修復、

ダイレクトボンディング

が可能になりました。

 

この治療方法の特徴としては

●歯を削らなくて良い(欠けている場合は一部歯を削る場合があります)

●色の再現性が高く自然である

●繰り返し治療を行うことが出来る

●歯の形を整えることが出来る

●少ない来院回数で治療が終了する

●一回の施術時間は1時間〜2時間程度

といったメリットがあります。

ただし、

歯の欠けている範囲が小さい

前歯の離れている距離が短い(おおむね3ー4m mまで)

といった条件をクリアする必要性があります。

奥歯がない方(噛み合わせが確りとしていない方)

歯周病などで前歯が開き、歯自体が揺れている方

などの方には適さないことがあります。

 

以上の、諸条件がありますが、非常に応用範囲の広い方法と考えます。

前歯や見た目でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

自家歯牙移植(transplantation of tooth)に関して (ブリッジ、インプラントを選択する前に考えること)

2019年05月02日

日本の保険診療の項目の中に、

自家歯牙移植  ;    transplantation  of  tooth

という治療の選択肢があることを、皆さまご存知でしょうか?

日々患者の皆様とお話をしていますと、おおよそ9割以上の方がご存知ないことに気づきます。

ご自身の歯が虫歯や歯周病で無くなってしまった時の治療の選択肢としては

 

⚫︎保険診療では

①ブリッジ(いわゆるさし歯、かぶせ物、前後の歯を大きく削る)

②部分入れ歯(取り外し式のもの、前後の歯に金具がかかる)

③そのまま経過観察(最後方の歯が失われた場合、食事に支障がなければそのまま経過を見ることもできます)

⚫︎自由診療では

インプラント(他の歯を削らない、負担をかけないという点では最良の治療法。ただしご自分の骨があり、全身疾患などがない場合に限る)

 

が一般的に考えられるかと思います。

自家歯牙移植は、数年前までは「下顎の親知らずを下顎の第一大臼歯に移植した場合に限る」などの規制があったのですが、

少し前の保険のルール改定から

上顎の親知らず(智歯)を下に植え替える

事も認められる事となりました。

 

これにより適応症は格段に広がりましたし、患者の皆様にとって非常に有益な治療法となる、と私は考えます。

 

ただし、自家歯牙移植を行うにあたって、

 

年齢が概ね39歳以下であること(それ以上の方でも可能ですが成功率は年々下がるという報告があります)

糖尿病、代謝性疾患、免疫機能疾患などの全身疾患がないこと

喫煙者でないこと

「外科的処置を伴うこと」「治療期間が3ヶ月程度はかかること」等、治療方法、治療期間に対してご理解頂けること

などの諸条件がありますが、

 

周りの歯に負担をかけない

歯根膜という感覚受容器が残る(自分の歯で噛む感覚が残る、機能的である)

自身の組織、細胞を用いる為拒絶反応がない(生物学的優位性)

他の治療法と比較して、廉価である(約10000円程度の自己負担、保険3割で計算した場合)

 

などのメリットがあります。

 

また、

早期の脱落(骨の状態が良くなかった場合には炎症を起こしてくっつかないことがあります)

歯根の吸収、アンキローシス(歯根膜がなくなり骨と歯根がくっついてしまう状態)

などの失敗例も報告されていますが、成功した場合のメリットは非常に大きいものと考えます。

 

当院では、自家歯牙移植を治療の選択肢として推奨しておりますので、ご興味のあられる方はお気軽にお問い合わせ下さい。