ダイレクトボンディング(保険適用外レジンを用いた前歯の審美修復)に関して

2019年6月29日 土曜日

日々診療していますと、

『虫歯やケガ等で前歯が少し欠けてしまった』

『前歯がすきっ歯になっている』

『歯が変色している』

『以前詰めたものが欠けてきている』

といった審美的な悩みを相談されることがあります。

 

これらの症状を治療する方法として、従来から

前歯の前面だけを削るラミネートベニア

歯の周りを削って覆うオールセラミックス

といったいわゆる審美修復、補綴がよく用いられてきました。

 

最近の歯科材料の進歩により、これらに変わる治療法として、コンポジットレジンによる接着修復、

ダイレクトボンディング

が可能になりました。

この治療方法の特徴としては

●歯を削らなくて良い(欠けている場合は一部歯を削る場合があります)

●色の再現性が高く自然である

●繰り返し治療を行うことが出来る

●歯の形を整えることが出来る

●少ない来院回数で治療が終了する

といったメリットがあります。

欠損の範囲が小さい、などの諸条件がありますが、非常に応用範囲の広い方法と考えます。

前歯、見た目でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。