5−DJapan10周年記念大会(世界の潮流と5-D Japan コンセンサス)に参加しました。

2019年3月26日 火曜日

3月16日、17日は診療所を二日間、休診とさせて頂き、東京都港区の東京ミッドタウンで行われました学術講演会に参加して参りました。

5-D Japan は日本におけるトップランナーの先生方により10年前に発足したスタディーグループであり、

今回は海外から臨床/研究における第一人者をお招きし、講演およびdiscussionを行うという内容で、まさしく現在の歯科治療の最高レベルの内容でした。

 

講演の内容は以下の5つのセッションで構成され、日本人の講師の先生、海外からの講師の先生の順に講演を行い最後に症例に関して検討する、という内容でした。

●3月16日土曜日

①Partial extraction therapy and Horizontal GBR for Immediate Implant placement into Extraction socket(船登彰芳先生)

単独歯インプラント治療:前歯領域での長期審美的結果を獲得するための、非侵襲的アプローチ(Dr.Francesco Amato)

②Vital Pulp therapy の意義と重要性 /  Importance of pulpal diagnosis for treating endo-perio lesions(福西一浩先生)

病理組織に学ぶ歯髄と根尖周囲組織の治癒(Dr.Domenico Riccuci)

③骨縁上欠損改善の臨床的アプローチ/Clinical approaches for suprabony defects(北島 一先生)

骨縁下欠損および根分岐部病変に対する歯周組織再生療法:歯周病罹患歯の予後を変えるための方策(Dr.Pierpaolo Cortellini)

 

●3月17日日曜日

④審美エリアにおける三次元的な硬軟組織マネージメント(石川知弘先生)

増大つまり審美ゾーンの組織欠損を伴う抜歯部位において、軟組織、硬組織を長期にわたり維持するための解決策(Dr.Ueli Grunder)

⑤補綴治療計画のキーポイント(南昌宏先生)

THE THIRD CHOICE in case of tooth wear(Dr.Francesca Vailati)

 

世界最先端の臨床の知見、技術が目白押しで非常に興味深く、高いレベルの内容でしたが、その中でも自身の臨床に応用できる内容もありました。

抜歯した歯牙の破片(歯根膜)を利用しての歯槽骨の保存、再生(骨造成)、

MTAセメント、水酸化カルシウム製剤を用いての歯髄の保存(歯髄覆とう処置)

インプラントを固定源としての部分矯正(圧下)を行い、歯周病(歯周ポケット)を改善し得た一例

などです。

最新の技術知識は、確かに高度でありますが、そういった最新の考え方に対し常にアンテナを張ることは非常に重要なことと私は考えます。

数年前であれば日常の臨床に応用できなかったことでも研鑽努力することにより徐々に実施することができる、それを患者の皆様の利益につなげる、健康に寄与する

このことは歯科医療に携わる者の責務だと思います。

今後とも努力、研鑽しなければならないと決意を新たにした、有意義な二日間でした。